風邪ひきました。


こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

風邪ひきました。犬ではなく、私が(笑)

まあ犬たちは元気です。

 

今、犬のための漢方薬の情報を少しずつまとめ始めています。

犬も漢方薬飲めるっていうと「へー」とびっくりする方多いですが、こういう本も出ているので興味のある方は購入して読んでみることをお勧めします。

 

 

 

この本は何回かメルマガの方でも紹介してるんですが、読者の皆さんから「買いました!」報告が結構ありました。

 

そんなところに自分が風邪をひいたので、家にある「補中益気湯(ほくちゅうえっきとう)」という漢方薬をひっぱり出してきて飲んでいます。

 

風邪っていうと「葛根湯」をイメージする方多いと思いますが、あれは比較的体力があって、風邪の初期で、頭痛発熱があって…と適応する条件がいろいろあって、当然それに該当しない人には効かない。

 

今回の私の場合は、ちょっとのどか痛くて鼻水が出て、熱はなくちょっとだるい…という、風邪は風邪でも体力がない人の風邪。

 

なので、体力を補うための漢方薬をセレクトしてみた次第です(たまたま家にあった、というのもありますが)。

 

ちなみに我が家の黒ラブ:ぐりですが13歳にして今年、初めての「膀胱炎」を先日経験しました。

 

今まで膀胱炎になったこともなかった犬ですが、さすがに13歳にもなると、かかるのねー、としみじみし、膀胱炎のファーストチョイスは当然、抗菌薬なので病院で診察を受けて出していただきました。

 

耐性菌の問題もあるので、処方された分は症状がなくなってもきっちり飲み切りました。

 

で、それと併用で膀胱炎に向く漢方薬を取り寄せて、予防の意味合いも含めて半月ほど飲ませていました。

 

膀胱炎って言っても、症状によってこれまた漢方薬のチョイスは変わるので、敢えてここにその方剤名は書きませんが、ぐりはそれを半月きっちり飲みきって、後は特に再発もせず元気に暮らしています。

 

ちなみにぐりは、物事にあまり頓着しない性格なので、漢方薬はふりかけか何かだと思っているのか、普通にごはんにかけただけでバクバク食います。

 

ついでに錠剤も、フィラリアの薬もご飯にかければ、何も気にせずバクバク食います。

 

そういうわけで、薬を飲ませる苦労を我が家はしたことがありません。

 

なんて付き合いやすい犬、ぐり。

 

 

というわけで、飼い主は風邪ひきにつき写真をアップロードする元気がないので、インスタ写真をそのまま貼っておきます。

 

皆様も風邪には十分ご注意ください。

 

 

 

 

【クリックで応援いただけるとありがたいです】
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

【メルマガ「ぐり通信」を配信中】

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

無料でご購読いただけます。

配信希望の場合、下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)

犬の手作り食動画を配信中です。チャンネル登録していただけると最新動画を見逃しません。ぜひチャンネル登録をお願いします。
↓   ↓

 

 



●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!