咳・痰に効果的なアロマの話など。


おはようございますー。

息子、ロタが治ったら今度は咳と鼻水。
私も咳悪化。

私の喘息はアレルギーではなく
風邪菌等が侵入すると悪化するタイプなのですが…。

息子も私も、病院にも行ってるし薬も飲んでるけど全然効かない(汗)

というわけで、引っ張り出してきたのがこの本。

↓     ↓

http://s-ter.net/officeguri/c/02173.html

で、この本を参考に
乳幼児でもOKな精油2種でなおかつ咳の元になってる
「痰」を取り除く作用のある精油を選んで
寝るときにディフューザーで拡散することにした。

同時に加湿器のナノイーも稼働。

結果…。

息子はディフューザー使い始めてすぐに咳が止まりました(汗)

咳止めあれだけ飲んで効かんのに
何でこれで止まるのー?

私もしばらくして咳こむのが無くなったので
効いていると思われます。

理屈としては去痰作用に優れた1,8-シネオールを含んだ精油を使ってるので
それがいい仕事してくれていると思われます。

ちなみに今回使っているのはユーカリ・ラディアータ。

コレ、犬用に買ってあったのですが(笑)
犬に使える=人間にも穏やかってことだからね〜。

ユーカリは刺激が強いものが多いけれど
選び方を工夫すれば、最大限の効果を引き出しつつ
なおかつ刺激も押さえることが可能です。

これにティーツリーをブレンドして
咳対策ブレンドとして使用しています。

これでマッサージオイルを作って喉や胸にも塗るよ。

これはいずれまた、メルマガなどで書こうと思います。

 

今日はこれから石鹸作業しまっせー。

6月販売開始分の新作があるのです( ´艸`)
【犬もアロマでストレスケア】
アロマテラピーをワンコの心と体のリラックスに活用する
ドッグアロマ講座を5/27( 日)札幌市中央区で開講します!
詳細のご確認とお申し込みはこちらから!
↓     ↓
http://officeguri.com/2012aroma/


喘息の応急処置。


こんちくわ。

ここ2週間ほど完全に喘息が悪化し
咳が止まらなくってどうしようもねえだ!ということで
かかりつけの呼吸器科に電話したら

 

「実はかなり混んでまして~。11:30の予約なら何とかとれます!」

 

とのこと。

 

じゃあそれでお願いしますと予約をし、
手持ちの薬等で何とかしのいでいたのですが。

 

ふと思い立ちまして、ミントの精油を嗅いでみることにした。

あ、写真のPCが年期入ってるのは軽くスルーで(笑)

 

ミントの精油には炎症を押さえるのに有効な成分、
抗アレルギー作用もあるということで
咳を静める際に使っている事例も実は多いんですよね。

 

というわけで、病院行くまでまだ間があるし、その間の応急処置として
瓶から直接香りを吸い込むようにして、
ゆっくり鼻から肺に入れるイメージで香り嗅いでます。

 

今のところ、なかなかいい感じ。

咳も少しづつですが、収まってきましたヽ(´ー`)ノ

 

私はAEAJ認定のアロマテラピーインストラクターの有資格者ですが
こういう代替療法と病院の最先端医療は
バランスを取りながらうまーくいいとこどりしようって言う考えです。

 

ちょうど、シニア犬のホームケアでアロマをうまく活用できないか?
と言うご相談をいただいているところなので
こういう病院での医療と並行して自宅でできるケアで、
お勧めの方法をいくつかピックアップしてお伝えする予定なり♪

 

 

さー、ハッカパワーで上手く午前中を乗り切りますですよ。

 

 


大人のぜんそくのこと。


本日2回目の更新です。
今回は大人のぜんそくのことを書きます。

先月のことなんですが、秋になると時々咳が止まらなくなることがたびたびあり、過去に咳のしすぎで肋骨にヒビが入った経験まである私は、今年も来たよー、咳がーと思いつつ、今回は思い切って近所の呼吸器科を受診してみることにしたのでした。

過去に何度も呼吸器科は受診してるし、そのたびにアレルギー検査だ何だとされる割には原因不明。だいたいの病院で「ストレスだね」で片付けられて何だか腑に落ちないーという気持ちになっていたところ…。

このクリニックでしっかり検査したら「あー、間違いなく喘息です。薬使ったら肺活量20%UPしてるよー」ですって。

それを聞いた私は「あーやっぱり~」と思ったのでした。

だっておかしいもん。咳が2週間止まらないとか(苦笑)

そして晴れて喘息に認定されたので本を買って勉強してみたら、今の喘息は、吸入型のステロイド剤を毎日朝晩吸うっていう治療法が主流みたい。私も出された。

ステロイドってうと怖いイメージがあるけれど、吸入型の薬は吸いこんで直接気道に薬を届けるので、ごく微量でいいらしい。しかも授乳中でもOK!っていうくらいだから、私はこのステロイドの吸入薬と上手くつきあって、しっかり治すことに決めました。

一方で、炎症を抑えるっていうのはあくまでも対処療法だから、その間に免疫力UPしておいて、自己治癒力を高めておくことが重要なり。

喘息って、喉からひゅーひゅー音がするってイメージですが、そこまでひどくなくても咳が止まらないとか、そういう隠れぜんそく(?)の人も多いから、気になる人は一度呼吸器科へ行って検査をすることを強くお勧めします。

検査すればすぐにわかるからねー。