犬に身近な中毒植物リスト、配布開始しました。


おはようございます。

Office Guriの諸橋直子です。

 

さて、先日もBLOGに書いた
「犬に身近な中毒植物リスト」のリニューアル作業が
ようやく終了しました。

 

昨日の夜より、リリースを開始しておりますー。

 

犬に身近な中毒植物。 

植物は毒性を持つものが実は多いです。

 

「薬草」って言葉がありますが、適量を用いれば薬ということは
量を誤れば「毒」になることとイコールです。

 

つまり、植物はそういう「毒にもなる成分を含むケースが多い」ということですね。

 

じゃあ野菜とかはどうなの?という話になりますが
食物に分類されているものの中にだって、
「多く摂取すれば害になるもの」も当然含まれています。

 

ただ、通常食べる量の範囲内では毒になることはほとんどない。

 

だからこそ「食物」として常食してOK、ということになります。

 

…。

 

 

ここまではOKでしょうか?

 

 

ところで、それ以外の観賞用の「花」や野山に咲く「草木」の場合
私たちはそもそも「食べてみよう」とはあまり思いません。

 

それが食物でないことを知っているからです。

 

でも犬の場合はどうでしょうか?

 

「ちょっと興味本位で」

「いたずらで」

 

頂いた「観賞用の百合の花」を食べてしまった、
「アイビー」を食べてしまった、
「水仙の球根」を食べてしまった…。

 

これが最悪の場合「死亡」につながるケースがあるとしたら…。

 

 

いやですよね。

 

「知らなかった」

 

で済まされない、大きな後悔をすることになります。

 

「身近な植物で私たちは食べようとは思わないものを
犬は口に入れたりするから、そういう植物には毒性があるものも多いんだよ。

だから注意しないとね」

 

そんな意識を持ってくれる飼い主さんが増えることで
誤食事故が減るように、という願いをこめて「犬に身近な中毒植物リスト」
作成されています。

 

写真入りでわかりやすく解説していますので
ぜひご請求くださいね。

 

犬に身近な中毒植物26種類をまとめたリストを無料でGetしませんか?


全日本犬のホームケア普及協会代表でドッグホームケアセラピストの諸橋直子が、
犬が身近で出会う中毒植物26種類についてまとめたテキストを無料配布しています。
↓   ↓
今すぐ無料で申し込む!お申込みはこちらをクリック!



【犬のための薬膳を学んでみませんか?】
薬膳とつぼマッサージなど、自宅でできる愛犬のための東洋医学を学ぶワンデー講座が
札幌で開講です!
2013年3月17日(日)札幌市中央区開講。
詳細の確認とお申し込みはこちらから!
➡ ペットのための東洋医学基礎講座

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村